第1話 「いっぱい出すとスッキリできるよ」無料お試し読みネタバレ

Uncategorized

おねショタの神
ひぐま屋先生の作品です。

 

おっぱい家庭教師が

佑真くんの勉強の成績をあげるために

勉強から性処理まで

何でもお世話してくれます。

 

 

登録不要で立ち読みするなら画像をクリック
おすすめ
101051770_BookLiveコミック【AC】おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話※スマホ専用

 

 

あらすじ

「お勉強がんばったらまた触らせてあげるね」

おっぱい家庭教師…

それは胸を触らせたり吸わせたりすることで、

生徒のやる気を出させて成績アップさせるお仕事。

そして今日から佐藤くんの先生になったのは、

若くて美人でメガネが似合う、

とてもおっぱいの大きいおねえさん。

優しい彼女は勉強に集中できるよう

性欲処理もしてくれて、

本当は禁止されているのに筆下ろしまで…!?

年上のエッチなおねえさんに好き放題甘えて、

おち○ちんを可愛がられて、

最後の一滴まで

ぜーぶん中に出させてもらっちゃおう♪

 

▽▼無料立ち読みは画像をクリック▼▽
101051770_BookLiveコミック【AC】おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話※スマホ専用

 

 

第1話「いっぱい出すとスッキリできるよ」ネタバレ

 

世間ではおっぱい家庭教師と

呼ばれる仕事をしている女性がいます。

 

 

多感な時期の生徒たちに

おっぱいは学習効率を上げる効果があるのは

もはや常識の世界。

 

 

それなのでおっぱい需要が高まり

家庭教師にもおっぱいが求められています。

 

 

 

「先生…ほ…本当に見せてくれるんですか…?」

 

 

 

佐藤佑真くんは今日から受け持つ生徒です。

 

 

「おっぱい触るのも勉強のうちだからね」

 

 

佑真くんに触られて感じる家庭教師。

 

揉むだけでは収まらず乳首を吸います。

乳首をちゅうううと吸いながら舌で転がす佑真。

 

 

 

良いところでおっぱいから離される。

 

 

「お勉強がんばったら、また触らせてあげるね」

 

 

ポーっとしている佑真くん。

 

 

 

数日後…

佑真くんは先生の上に座る感じで一緒に椅子に座る。

勉強中なのにオチンチンを固くしてしまい勉強に集中できない佑真くん。

 

「先生のおっぱいが頭から離れなくて…」

「学校でもこうなっちゃって…」

 

そんな告白をする佑真くん。

 

「そっか…それじゃつらいよね」

「任せて。先生が処理してあげる…」

 

優しく微笑みながら佑真くんの小さいオチンチンを優しく握りシゴく先生。

 

佑真くんのように

おっぱいに過剰に反応する子もいるので

そういうときは家庭教師が責任をもって

性処理してあげます。

 

息を荒げながら

すごく反応する佑真くん。

自分の手で気持ちよくなってる

佑真くんを見て喜ぶ先生。

そんな佑真くんに

さらに追い打ちをかける。

 

 

 

「これだったらすぐに出ちゃうね」

 

 

 

佑真くんの耳元で優しくささやく先生。

 

どぴゅっ

 

いっぱい精子を出す佑真くん。

 

 

「オチンチンかたくなったら、またしてあげるね♥」

 

 

精子を出し終わり

頭をなでなでされて

落ち着きを取り戻した佑真くん。

 

 

▽▼無料試し読みは画像をクリック▼▽
101051770_BookLiveコミック【AC】おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話※スマホ専用

Uncategorized
おっぱいを触らせてくれる家庭教師のおねえさんの話無料立ち読みネタバレエロ漫画

コメント